家族と快適に暮らすため、マイホームを建てよう。

オーダーメイド

それぞれの特徴について

長年の夢だった一戸建て住宅を購入する場合、注文住宅がいいのか、それとも建売住宅がいいのかで迷うことがあります。どちらがいいかはそこに住むに住む人の価値観の問題ですが、それぞれの特徴とメリットや問題点を比較することで、自分たちにはどちらが合っているかということがわかってきます。 まず、注文住宅の特徴ですが、施主がイメージした住宅を造ることが可能という点です。例えば、屋根裏部屋が欲しいという場合や、お気に入りのシステムキッチンが欲しいという場合などはその要望に応えることができる点でとても人気があるのです。ただ、注文住宅の問題点は、建売住宅と比べてもその建築にお金がかかるという点です。建売住宅と比べても注文住宅のほうが2割から3割高いのが相場です。

建売住宅の特徴と問題点

これに対して、建売住宅は、注文住宅を建築するよりはお金がかからないのが特徴です。また、すでに建築される前からそのデザインや間取りが決定しているため、わざわざデザインをするのが面倒だと考えている人にとってはとても便利です。また注文住宅のように建築までに時間がかからないことから、すぐに引っ越しが可能になります。 これに対して建売住宅の問題点は、住宅に個性がないことが一つです。建売住宅は誰にでも受け入れられるように無難な造りになっていることがとくちょうですが、その裏を返せばその造りには個性がないということです。また、建売住宅は建築途中を見ることができず、万が一位手抜き工事の場合は取り返しのつかないことになります。